浮気探偵調査
イメージ

浮気相手に慰謝料請求

浮気相手(愛人)に対しては、慰謝料を請求することが出来ます。
浮気相手(愛人)からしても慰謝料を請求されることは精神的苦痛を
味わうことになることでしょう。
では、慰謝料を請求できる場合はどのような場合か?ですが、
まず、愛人があなたの旦那を略奪しようとした場合などはもっとも
慰謝料を請求しやすい場合だと言えます。
逆に、旦那が独身と騙していたり、浮気相手に資産や収入が無い場合などは
慰謝料を請求できないことが多いです。
また、慰謝料の金額がどうやって決まるかですが、
それは、浮気行為がどのように社会的に迷惑であって、浮気によって、
あなたが受けた精神的な苦痛の度合いや浮気によって、夫婦の婚姻関係に
破綻が生じたことを証明できるようにします。
よって、浮気の前から別居していたとか、家庭内別居の状態だったという
場合は、慰謝料が低くなってしまいます。
慰謝料は、離婚する前から請求は出来ますが、その場合金額は少なくなって
しまう傾向にあります。よって、離婚してからの方が高くて良いでしょう。
慰謝料の金額としては、場合によりますが200万円くらいが目安になると思います。


慰謝料の請求と必要なもの

浮気相手と直接話し合いによって慰謝料を請求する場合もありますが、
たいていそれに相手が応じることはありませんので、
裁判によって決定することが一般的です。
裁判ですので、焦点としては、浮気の影響が、婚姻関係や、精神的苦痛に
どの程度影響があったのかについて証明できないといけません。
どのような形で浮気を繰り返していたのかについて、第三者から見ても、
誰もが認めるような証拠を揃えてください。
浮気相手がこちらの要求に応じない場合、内容証明郵便で慰謝料を請求します。
内容証明郵便は、浮気相手に対して心理的なダメージを与えることが出来ます。
特に弁護士に相談の上、弁護士の名前を借りると一層内容証明郵便の効果があります。