浮気探偵調査
イメージ

子供の親権に関して

子供の親権をどちらが得るかは非常に悩ましい問題ですね。。。
子供を引き取っても養育費をちゃんと貰えれば良いのですが、
最初のうちは支払ってもらえるのですが、そのうち支払って貰えなく
なってしまうケースもあります。
子供の親権は、離婚前に決めなければなりません。
なぜなら、離婚届にどちらが親権を持つのかを記入しなければいけないからです。
もし、こそを記入しないで役所に提出しても離婚届を受け付けてもらえません。
父親につくのか、母親につくのかを明記する必要があります。
親権に関して折り合いがつかなければ、家庭裁判所で決着をつけることになります。
ただし、基本は両者の話し合いで決めることが望ましいです。
1番大切なのは、子供にとってどちらの親について育てられるのが幸せか?です。
たとえば、子供がまだ赤ちゃんの場合は、母親の方が育てやすいでしょう。
逆に高校生で大学に行くためにお金が必要になってくるようであれば、
父親の方が学費を出せる可能性が高いと思います。
子供が複数いるケースでは、個別に親権者を決める必要があります。
親の意向だけではなく、子供がどちらと一緒に住みたいのかも重要ですので、
子供を味方に付けておくと、子供の親権を獲得できる可能性が高まります。

以上、親権者として認めてもらうための9箇条は以下のようになります。

  1. 生活環境や教育環境が十分であること
  2. 子供を育てることができる収入
  3. 仕事で出張などの時も面倒を見れる人が周りにいるか
  4. 子供の年齢や性別などでどちらが育てるに適しているか
  5. 子供の意思
  6. 子供に対する愛情
  7. 環境が変化する場合、子供への影響度
  8. 原則として兄弟姉妹は一緒に住むこと
  9. 心身ともに健康で看護能力があること

これらを総合して親権は判断されます。
注意点としては、浮気による離婚では、浮気していたからと言って、
親権者として相応しくないというわけではありません。
もし、浮気を理由に親権獲得を有利に進めたいのであれば、
浮気による子供への悪影響を証明できるようにしましょう。

 

監護者に関して

それぞれの子供に親権者と監護者が設定されます。
離婚後に子供を育てる側が、親権者と監護者を兼ねるのが一般的ですが、
場合によっては、親権者と監護者が別々にすることも出来ます。
その場合は、監護者が子供の面倒を見ることになります。
監護権者が家庭裁判者で選ばれる基準は、子供の養育と成長という責任を
果たすのに適している方が偉まれます。
親権は離婚の際に決定されている必要がありますが、
監護権者に関しては、離婚してからでも決めることが出来ます。