浮気探偵調査
イメージ

貰える慰謝料の金額

まず最初に考えるべきは、だれから慰謝料を貰うのかです。
慰謝料は旦那(元?)だけではなく、浮気した相手に対しても
請求することができます。
これをするt、旦那や浮気相手に対しても、より一層精神的ダメージを
与えることが出来ますね。
そして旦那への慰謝料の請求ですが、慰謝料は相手の経済力や共有財産、
結婚による同居期間、年齢、養育費用、親権、精神的苦痛などを考慮して、
今までの家庭裁判所での判例から逸脱しないような金額に設定されます。
ですので、やっておきたいこととしては、
不動産など、金額の大きい物は共有財産として名義が自分も入っていると
ベストです。
また、精神的苦痛があったことに対しては、日記のようなメモや
その時の会話を録音しておくなど、後で証明できるようにしておきます。

そして1番有効なのは、旦那が浮気をしていたという確たる証拠です。
男性の不倫を奨励するようなサイトを見てみると、
浮気相手とデートしていても『打ち合わせをしていた』と言え。
ラブホテルで裸でいる所を見られても『マッサージをしてもらっていた』と言え。
など、現場にあなたが踏み込んでも後々の良い証拠にはならない場合が多い
と思います。

慰謝料の金額ですが、年収300〜700万円の会社員の場合だと200万円前後
を目安にしてください。
財産分与と慰謝料は別個の権利です。
ですが、最終的には財産分与と慰謝料が一緒になった形で、
一般的なサラリーマンの場合、200万円から500万円くらいになると思います。
ですので、泣き寝入りだけはしないでくださいね。200万円損してしまいます。